事業脚本家という生き方。

フィールド・フロー代表取締役 渋谷 健のブログ。

「まちはチームだ」の初仕事・大仕事 ~ワーク&ライフフォーラム北九州 2017 完遂!~

 コワーキングスペース秘密基地から立ち上がった一般社団法人まちはチームだ」北九州市と正式な初仕事で大仕事「ワーク&ライフフォーラムin北九州 2017」を見事回し切りました。すごい!そして僕何もしてない。ごめんなさい。でも、うまくってよかったです。何より、新しいワーク&ライフを実践する秘密基地の仲間が、新しい形で出した成果ということに意義を感じています。

f:id:fieldflow:20170201142624j:plain

 コワーキングスペース秘密基地では、この秘密基地に集った人たちで、さらに一歩踏み込んだ活動をするために法人をつくりました。それが「一般社団法人まちはチームだ」。秘密基地の理念・哲学を引き継ぎ、その活動の場を北九州地域、さらには他地域・海外へと広げようという動きです。

 そして今回、「一般社団法人まちはチームだ」として初めての大仕事が「ワーク&ライフフォーラムin北九州 2017(主催:北九州市、ウーマンワークカフェ北九州(北九州市)、共催:福岡労働局・福岡県)」。女性活躍をテーマとしたイベント。しかも1月末、平日、真昼間という集客やとても難しい条件が揃う中、社団の名前の通り“まち”というチームでやりきりました。素晴らしい。

 とくに今回のテーマはワーク&ライフ。秘密基地に集まる面々や「一般社団法人まちはチームだ」の面々は、すでに新しいワーク&ライフを実践しています。複業なんて当たり前で、働く場所・時間・スタイルもみんな自由。当然稟議書みたいなものもないし、やりたい人がやりたいことをやることが前提、やりたくなければやらないのが前提で動く。交通整理はたまに必要だけれども、ガチガチの管理なんてものは存在しない。加えてお金にも囚われない。このまちに、自分の人生に、いまこの瞬間に必要なことをやる。ただそれだけ。ゆえにワーク&ライフ」をテーマにしたイベントに関われたことは、自分たちの理念・哲学・文化に合致する取り組みができたといえるのではないかと感じています。

 ちなみに「一般社団法人まちはチームだ」ではサイボウズ青野社長のセミナーや、ママドラフト会議の広報・運営などを担当。おかげさまで大盛況。他にも実際にサービスを体験できるブースもたくさん出ていました。相談窓口もあり、全体としても雰囲気の良いイベントだったのかなと感じました。

f:id:fieldflow:20170201143004j:plain

 次のステップとしては、今回は単発イベントの色が強いので、つながっていくストーリーをつくること。イベントは戦術的に利用するものですかないため、新しいワーク&ライフを実践する、その考え方をまちの常識にする、そのための継続的な取り組みにつなげる施策を展開したいですね。例えば創生塾の場を使うなどして。事業脚本家としては創らないわけにはいかないのです!

 そんなわけで皆さん、お疲れさまでした。僕は何もしてないけれど。応援はしてましたよ!

f:id:fieldflow:20170201143306j:plain